兵庫・湯村温泉・総本家栃泉・栃の実大福(栃餅)

兵庫・湯村温泉・総本家栃泉・栃の実大福(栃餅)

おそらく多くの人があまり積極的に食べることはないであろう和菓子 栃餅。

作家の五木寛之氏は栃餅が好きだとどこかで読んだか聞いたことを思い出す。

栃の木(トチノキ)の実は、どんぐりなどと共に古くから食べられてきたというが、

灰汁抜きをしても独特の蘞(えぐ)味が残り、おいしい栃餅にはなかなか出会えない。

自然豊かな兵庫県北部・但馬の古湯 湯村温泉の名物として

大正13年から販売されている「総本家栃泉 栃の実大福」

代々伝わる秘伝の灰汁抜き法で、程よい風味でクセになる美味しさである。

栃の実は“不老長寿の薬”といわれ、美容と健康に良いとされており、

平安時代から続く風光明媚な湯村温泉で、栃餅を食べて“命の洗濯”をしたい。

● 関連ホームページ


但馬 菓子処 総本家栃泉

“" “"


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です