出雲 旧大社駅
出雲 旧大社駅

旧大社駅の概要


この建物は、旧大社駅(所在地 島根県簸川郡大社町)であります。

明治四十五年(1912)六月一日に開業し、平成二年(1990)三月三十一日、大社線の路線廃止により営業を閉じるまで、実に七十八星霜、明治・大正・昭和、そして平成へと、一日も休むことなく走り続け、地域とともに発展しました。

そして、縁結びの神として知られる大国主命を祀る出雲大社の表玄関駅として親しまれ、お召列車の送迎・急行列車(大社〜大阪・大社〜名古屋)急行いずも号(大社〜東京)・急行だいせん号(大社〜京都)の直通運転をはじめ、戦後の最盛期には、年間の団体臨時列車二八〇本もの多きを数えました。

また、一日平均乗降人員四〇〇〇人(昭和四七)・発着貨物一八〇トン(昭和三六)にものぼり、鉄道輸送の粋を極めましたが、近時目まぐるしい社会構造の変化の陰に、利用度の激減を敢えなくし、数々のあしあとと郷愁を残しながら惜しくも歴史を閉じました。

宮殿風造りの、この旧・駅舎は

大正十三年(1924)二月十三日に改築されたものです。

駅長室には貴賓室を備え、待合室を二等と三等に区別するなど、また天上の高さ・シャンデリア等のゆかしさに往事を偲ぶことが出来ますが、一歩戸外の風に立つとき、波打つ大屋根・反りの整飾美に度肝を抜かれるのです。かって出雲大社大祭礼の勅使参向の玄関駅として、その格式と風格をとどめ、全国に数多い駅舎の中でも比類稀なる建造美を秘めています。この旧駅舎にたたずむとき、歴史を閉じた今も、なぜか、動的な感にうたれるのです。

(平成二年七月記・日本鉄道OB会)大社町(案内看板より)

● 関連ホームページ


旧大社駅|出雲観光ガイド【出雲観光協会公式ホームページ】

旧大社駅~至高の和風木造駅舎を訪ねる旅~ – 駅と駅舎の旅写真館

旧大社駅のご紹介 | 出雲市

● 所在地


島根県出雲市 大社町北荒木441-3



1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です