今日の松江は、最低気温0℃と小雪がちらつく寒い一日だった。

どこか暖かくて良いところはないかと、松江フォーゲルパークに出掛けた。

松江フォーゲルパーク

松江フォーゲルパークは、“宍道湖畔に広がる花と鳥の楽園”をキャッチコピーに、

2001年に開園した全天候型のテーマパーク。

松江フォーゲルパークセンターハウス

入園するとセンターハウスというベゴニア・フクシアをはじめ、コリウス・ブルグマンシア・ゼラニュームなどが咲く温室がある。凍える寒さから一転、暖かくて明るい、まさに楽園!

松江フォーゲルパークセンターハウス

陽光に照らされる緑が美しい。

松江フォーゲルパーク動く歩道

140メートルの「歩く歩道」結構長い。両脇に鳥の檻があり、鳥を観察しながら「くにびき展望台」まで上がることができる。

松江フォーゲルパークくにびき展望台穴道湖

くにびき展望台から宍道湖を見渡すことができる。

雲の間から陽光が湖に降り注ぐ様子が美しかった。

松江フォーゲルパーク白鳥

水鳥が飼育されている温室「ウォーターフォールエイビアリー」では、

コハクチョウ、ホオジロカンムリヅル、フラミンゴなどが放し飼いされている。

松江フォーゲルパークペンギン

熱帯系の鳥類を飼育する温室「トロピカルエイビアリー」では、かわいいペンギンたちがいる。

松江フォーゲルパークペンギン

10:30〜、14:00〜の2回 イベント「ペンギンの散歩」が行われており、

ペンギンと一緒に歩いたり、写真を撮ったりできる。ペンギンは噛むそうだから気をつけよう。

松江フォーゲルパーク水鳥池

モモイロペリカン・アヒル・コブハクチョウなど水鳥が泳ぐ池「水鳥池」

手前の水車小屋では蕎麦粉を挽いており、そば亭不昧庵で手打ちの出雲そばを食べることができる。

松江フォーゲルパーク梟

センターハウスで、11:00〜、15:00〜の2回 イベント「フクロウショー」が行われている。

松江フォーゲルパークそば亭不昧庵釜揚げそば

松江藩7代目藩主・松平治郷(不昧公)が好んだ出雲蕎麦を再現したそば亭「不昧庵」

今日は寒いので暖かい「釜揚げそば」をいただいた。

松江フォーゲルパーク梟

長屋門・フクロウセンター

松江フォーゲルパーク福梟

フクロウは「不苦労」「福郎」と縁起が良く、数々のご利益があるとされている。

  • 知恵・学問の神様
  • 家の守り神
  • 開運招来・商売繁盛
  • 健康・長寿
  • どろぼう除け

冬は暖かい温室でのんびり過ごしても良いし、鳥たちを見ていると頭の中がリセットできる。

年間パスポートを買い、出雲大社参拝の際など何度も立ち寄りたいテーマパークである。

 

● 所在地


島根県松江市大垣町52

● 関連ホームページ


花と鳥の楽園、松江フォーゲルパーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です