鳥取日野町 金持神社

鳥取日野町 金持神社拝殿

● 御祭神


天之常立命(アメノトコタチノミコト)

八束水臣津努命(やつかみずおみずぬのみこと)

淤美豆奴命(おみずぬのみこと) 

[合祭]

天香語山命(アメノカゴヤマノミコト)

● 金持神社 由緒


天常立尊・八束水臣津努命・淤美豆奴命を祭神とし、近世までは「三体妙見宮」といわれていた。社伝によると、出雲国薗妙見宮から勧請されたという。勧請された年代は不明である。維新後に、現社名に改称された。「金持」という景気のよい地名は、タタラか鍛冶に関わるカヌチ・カナジの語から出た地名だろうといわれる。また、「太平記」に登場する金持景藤をはじめ、「吾妻鏡」「愚管抄」「大山寺縁起」などに名が出る金持氏の本拠地であったと思われる。

この「金持」という縁起の良い名前から、昭和後期から注目され始めた。「当社に祈願してから宝くじを買ったら大当たりした」とか、その真偽は別として、噂が噂を呼んで今様流行神となりつつある。

(境内 立看板)

● 御朱印


鳥取日野町金持神社御朱印

● 関連ホームページ


金運祈願の金持神社公式ホームページ

● 所在地


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です