2月20日は「歌舞伎の日」に制定されている。

歌舞伎と聞いてすぐ頭に浮かぶのは「ザ・グレート・カブキ」。

「タイガーマスク」が一世風靡した80年代のプロレス黄金時代、

日本のみならずアメリカでも人気を博したプロレスラーである。

般若のお面を被り華麗なヌンチャックを披露する入場シーンや

“毒霧”を吹きかけるなんて、まさに“東洋の神秘”!

何度観ても格好良く大好きなプロレスラーだった。

 

話を元に戻すと、

歌舞伎の始祖とされている「出雲阿国(いずものおくに)」が、

江戸城で初めて歌舞伎踊りを披露したのが1607(慶長12)年の2月20日ということで、

「歌舞伎の日」ということになっているらしい。

出雲阿国は、出雲大社の巫女であったと言われており、

出雲大社本殿修理費の勧進のため諸国巡業に出掛け、

かぶき踊りを創り上げ、一世を風靡したという。

 

出雲大社周辺には出雲阿国ゆかりの場所が点在している。

出雲大社から歩いて約5分くらいの国道431号線沿いに「出雲阿国の墓」がある。

無料の駐車場もあるので、ここに車を置いて歩いてまわっても良い。

出雲阿国の墓

歌舞伎元祖出雲阿国の墓

出雲阿国の墓

連歌庵(西蓮寺)出雲阿国

連歌庵

晩年は尼となり、ここで連歌と読経の生活を送ったという。

出雲阿国像(連歌庵)

連歌庵前にある出雲阿国像

理光山安養寺出雲阿国ゆかりの寺

安養寺(阿国ゆかりの寺)

尼“智月”となった阿国の遺品が所蔵されている。

神迎の道(出雲)

国道431号線から南に入り「神迎えの道」のあたりは、良い雰囲気の路地がある。

奉納山出雲阿国

奉納山

出雲阿国終焉地之碑

出雲阿国終焉地之碑

於國塔出雲阿国

於國塔

歌舞伎界の名門、中村、市川、坂東家らによって建てられた。

奉納山からの稲佐の浜

奉納山から稲佐の浜を見渡すことができる。

稲佐の浜

稲佐の浜 弁天島

● 所在地


● 関連ホームページ


出雲阿国の墓|出雲観光ガイド

● 関連書籍


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です