日御碕筆投島(出雲市)

平安時代の画聖 巨勢金岡(こせのかなおか)がこの島を描こうとしましたが、朝夕に色彩が変わる妙姿をついに写すことができず、筆を投げてしまいました。それ以来この島を筆投島(ふでなげじま)と言うようになりました。

(観光案内図より)

稲佐の浜から日御碕へ向かう海岸線はとても美しい。

昼間は爽やかな青と切り立つ岩場のコントラスト。

夕方の色彩も観てみたい。

“" “"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です